• ddb

乾式粉砕ダスト除去キャビネット

粉砕室では、木製品の加工・研磨時に発生する空気の流れの影響で粉塵が拡散します。適切な保護措置がない場合、粉塵はオペレーターの肺に直接吸入され、労働者の健康を深刻に危険にさらします。また、粉塵が一定濃度に達すると、引火性や爆発性が非常に高くなり、製造上の安全上の問題が発生します。粉砕室は、これらの問題に対応して設計・製造された集塵装置の一種です。そのうち、粉砕室は乾式粉砕室と湿式粉砕室に分かれており、それぞれに特徴や適用範囲があり、実際の状況に応じて選択して使用する必要があります。


製品の詳細

製品タグ

zz

乾式粉砕室は負圧設計を採用しており、空気入口から下部ボックスにほこりやガスが入り、フィルターカートリッジからろ過します。フィルターカートリッジのさまざまな効果により、ほこりとガスが分離されます。ほこりはフィルターカートリッジに吸着され、ガスはフィルターカートリッジを通過してベントチューブから上部ボックスに入ります。浄化された空気は、集塵機の還気ポートから直接排出され、システム全体のサイクルを完了します。ほこりやガスのろ過・浄化の過程で、時間の経過とともにフィルターカートリッジにほこりがたまり、フィルターカートリッジの抵抗が徐々に大きくなり、フィルターカートリッジを通過するガスが徐々に減少します。集塵機を正常に動作させるために、装置にはパルス自動洗浄装置が装備されています。パルスコントローラーは、制御バルブを順番にトリガーし、パルスバルブを開き、エアバッグ内の圧縮空気をエアブローパイプに通すように指示を送信します。チューブは対応する各フィルターカートリッジにスプレーされ、フィルターカートリッジは下で急激に膨張します。空気流の瞬間的な逆作用により、フィルターカートリッジの表面に蓄積されたダストが落下し、フィルターカートリッジが再生され、洗浄されたダストがアッシュホッパーに落下します。アッシュホッパーはプッシュプル構造を採用しており、洗浄工程が迅速かつ便利です。上部にはアッシュアンロードボードが装備されており、すべてのダストがアッシュホッパーに集中します。ろ過後の粉じん排出効率は99.5%以上、粉じん濃度は80mg / m3未満です。

 

(1)ダスト含有ガスは、粉砕装置の下部集塵ボックスに入ります。

ファンの牽引力で真空シャッターを介して、重力によって粗いほこりがボックスの底に堆積し、細かいほこりがパウダーフィルターコアによってろ過され、一部のほこりがパウダーフィルターの外面に付着します芯。

(2)粉砕装置の上部ボックスには、それぞれの上にバックブロー装置が取り付けられています。

粉末フィルターエレメントの列。ブローパイプは、を介して圧縮空気シリンダーに接続されています

パルスバルブ。コントローラがパルスバルブを開くと、シリンダー内の圧縮空気

0.1〜0.2Sの瞬間に約5〜7回の圧縮空気を誘導します。空気が吹き込まれます

カウンターブロー回転翼噴射穴によるパウダーフィルターエレメントとダスト

パウダーフィルターの表面に溜まったものは、この空気の反応で取り除くことができます

フロー。

(3)粉末フィルターコアの列を洗浄する場合、次の列までの一定時間の間隔

粉末フィルターエレメントは、サイクルごとに1つずつ洗浄します。アッシュホッパーに落ちるホコリは

自動スクレーパー搬送システムによって中央に輸送され、自由な設定時間で

最後に集塵ボックス。

乾式粉砕室には以下の特徴があります。

(1.)集塵機は、適用性の高い設計であり、ダストを含むガスの性質のさまざまな変動に適応でき、ユーザーの状況に応じて非標準の設計に適応できます。

(2.)入口と出口の空気ダクトの最適化された設計。内部に均一な空気分配装置があり、空気の分配を均一にします。

(3.)全鋼製の分割構造設計は、機器の輸送と設置に便利であり、機器のシステム精度を保証します。

(4.)ダスト除去の強度と効果を確保するためのスプリットルームパルススリーステートダスト除去技術。

(5.)集塵機が停止し、集塵機の動作状態を確認するためのセルフクリーニングシステム。特別なアッシュホッパーの設計により、障害物なしでほこりを降ろすことができます。

(6.)均一な噴霧を保証するための独自の非線形等化流静圧ノズル。

(7.)低い運用コストと最適化されたプロセスパラメータ設計は、集塵機の低抵抗、高効率、安定した運用につながり、システムのエネルギー消費を削減し、フィルター材料とメンテナンス作業の損失を効果的に削減します;

(8.)機器操作の信頼性を向上させ、メンテナンス作業を削減するために、高品質の部品とコンポーネントを採用します。


  • 前:
  • 次: